ネットバンクとは

ネットバンクの種類

インターネットバンキングについてご紹介します。インターネットバンキングとは銀行等の金融取引のサービスをインターネット上で運営することを言います。一般的にオンラインバンキングとも呼ばれておりますが、間違えやすいのが インターネットバンキングとネットバンクを混同してしまっているのではないでしょうか。、インターネットバンキングはネット上でも各種取引サービスができる銀行のことを指します。簡略に言うと、実店舗があるがネ ットでも利用ができる、またはネット支店として営業しているというくくりになっております。そして、ネットバンクは実店舗を持たずに、全てインターネット上で取引を行う銀行のことです。最近では、携帯電話のインターネット接続 機能を使って銀行取引が利用できるという、モバイルサービスも増えてきているようです。また各銀行によって、提供するインターネットバンキングのサービス内容は様々なのですが、基本としては、預金の残高照会・入出金照会、・口座 振込み・振り替えなど・ATMで対応しているサービスがほぼ全て利用できます。ネットバンクの利用は、都市銀行と地方銀行など多くの信用金庫で行われています。インターネットは時間に関係な自宅で簡単に利用することができる新しい 金融取引の窓口になります。そして、即座に金融取引が反映されるので、インターネットを介した銀行取引の提供(ネットショッピングなど)に最適です。また提携する企業などのサービスも充実しておりますのでお勧めです。

ネットバンクの特徴

ネットバンクの特徴(メリット)についてお話いたします。まず1つは、時短ができます。例えば通常であれば必ず銀行やATMに足を運ばなければなりません。特に月末などは必ずといってよいほど混み合います。ところがそれが自宅でで きると考えれば、行くまでの時間や並ぶ時間がどんなに短縮できるか予想ができますよね。更に振り込む際の手数料も、インターネットバンキングのほうが安く済みます。預金金利等も店舗の維持費や人件費などの経費が、実店舗のある 銀行に比べると安く済むので、その分金利に上乗せできます。ネットバンクやネット銀行も含めて、色々と比較してみると良いでしょう。このようにインターネットバンキングのメリットは様々ありますが、セキュリティ面での不安が無いとも言い切 れません。これは自分の資産ですので、自分で調べて、納得の行く銀行を利用していきたいものです。